【ボクシング】右ストレートの打ち方!強く打つコツ!

ボクシング

右ストレートは体の回転を利用した相手を倒すこともできる強いパンチです。

相手から遠い方の腕で打つので、いきなり打っても当てるのは難しく技術と経験が必要になります。

最初は左ジャブやフェイントなどで当てやすい状況を作ってから打つのが基本です。

また、左ジャブからの右ストレートはワンツーとよばれ、最も基本的なコンビネーションとして知られています。

まずは基本の打ち方を覚えて右ストレートを使いこなせるようになりましょう。

この記事では右ストレートの役割と基本の打ち方、強いパンチの打ち方のコツを解説しています。

※この記事はオーソドックススタイルを対象に解説しています。

右ストレートの役割

右ストレートは相手から遠い手で打つパンチで左ジャブに比べて着弾が遅く、体の回転を使って打つため連続で打つのは難しいパンチです。

一方で体の回転を使って打つため、左ジャブよりも強いパンチを打つことができるのが強みです。

強い右ストレートは相手を警戒させて相手の手数を減らすことができる上にKOを狙うこともできます。

 

右ストレートの基本の打ち方

右ストレートの打ち方

① 右足の親指の付け根で地面を押すように蹴り、その反動で腰を回転させる。

② 腰の回転と同時に右肩を内に入れながら前に押し出すようにして腕を伸ばす。

③ 腕が伸び切る直前に拳を握りながらを返す

④ 手首を返した瞬間に拳をしっかり握りこむ。

※握りこんだ瞬間にパンチが当たるイメージで打ちます。

強い右ストレートを打つコツ

・肩の力を抜く

・ガードの位置からパンチを打つ(打つ瞬間にガードを下げない)

・パンチが当たる瞬間にしっかり拳を握る

・パンチを打った時に左手のガードを下げない、わきが開かないようにする。

・打った時に顎が上がらないように注意する。

・上体が前のめりにならないように注意する。

・腕の力ではなく体幹の力で打つ

まとめ

右ストレートは攻撃力が高く左ジャブ以外のどのパンチよりも隙の少ない使い勝手のいいパンチです。

はじめは隙があるように思って打つタイミングが難しく感じると思いますが反復して練習してみましょう。

コメント